頸椎症

  • 首の痛みや肩こり、手足のしびれ、脱力
  • 両手を使った細かい動きが出来ない
  • 箸を使う動作、ボタンをかける動作がしにくい
  • 歩行がぎこちない
  • 足が前に出しにくい、速く歩けない

頸椎症とは?
佐賀市 ゆめか整骨院・整体院には頚椎症でお悩みの方が来院されています。

頚は頚椎と呼ばれる7つの骨により構成されています。頸椎間には椎間板と呼ばれる組織があります。この椎間板は上下の頸椎を連結しており、ある程度の弾力がありますが、頚椎の加齢による椎間板の変性(老化現象)や靭帯が厚く硬くなることなどにより、頚部の痛みなどの症状が発現したものを総称して、頚椎症と呼んでいます。神経根や脊髄が圧迫され、頚や肩甲骨付近の痛みや、頚肩から腕や手にかけて痛みやしびれを生じることもあります。障害される部位により、頚椎症性脊髄症、頚椎症性神経根症と呼ばれます。

頸椎症の原因

頚椎のクッションの役目をしている椎間板は、20歳を過ぎたころから、年齢とともに、水分が失われて弾力性がなくなり、ひびが入ったり、徐々に潰れたりするなどの変性が始まるといわれます。
脊柱管(脊髄の通り道)や椎間孔が狭くなり、脊髄や神経根が圧迫され症状がでることで、初めて病気と診断されます。
頚椎症性脊髄症とは、加齢により椎間板の変性が進み、骨がとげ状に大きくなって骨棘を形成することや、靭帯が厚く硬くなることで、脊柱管にある脊髄が圧迫され、四肢(両方の手脚)に痛みやしびれ、運動障害を生じる疾患です。
頚椎症性神経根症は、頚椎の変性(椎間板ヘルニア、骨棘形成など)により、椎間孔の狭窄が生じ、神経根が圧迫され、主に片側に痛みやしびれが生じる疾患です。

頸椎症の一般的な治療

一般的な治療は、軽度の場合は頚椎に負担をかけないような姿勢や動き方の指導に始まり、症状の程度に応じて、消炎鎮痛剤の処方やブロック注射などが行われます。また、リハビリでは頚椎牽引や温熱・電気治療などで症状の緩和を図ったり、首の筋肉のコンディションを整えたり、筋力を鍛えることで、頚椎に係る負担を減らします。他にも首の負担を減らすために、頚椎カラーと呼ばれる装具を首に装着することもあります。筋力低下や感覚麻痺などがある場合や、日常生活に支障があるくらい症状が強い場合などは手術が検討されます。

当院の施術

佐賀市 ゆめか整骨院・整体院では、まず痛めている場所を正確に把握し、しっかりと問診や視診、触診を総合的に行い、状態や治療計画を分かりやすくお伝えします。
施術では、トリガーポイント整体でトリガーポイント(痛みを発している特定個所)をピンポイントで緩めていき、更に早期回復出来るよう、椎間板の負担を軽減できるラジオ波で奥の深い筋肉(深層筋肉)も施術していきます。神経症状が強い方にはハイボルテージを使い神経の興奮を抑え、神経痛から改善に導きます。
痛みの原因である姿勢の悪さも骨格矯正を行い、痛みを繰り返さない体作りをします。必要に応じて正しい運動の方法なども指導させていただきます。

頚椎症でお悩みの方は、佐賀市 ゆめか整骨院・整体院にお気軽にご相談ください。

ゆめか整骨院へのアクセス|佐賀市 ゆめか整骨院

【受付時間 AM.9:00~PM.1:00 , PM.3:00~PM.9:00】【定休日:日曜日】

定休日:日曜日

佐賀県佐賀市南佐賀2-7-22(駐車場完備)

0952977909

フリーダイヤル

TOPへもどる