足底筋膜炎

  • 歩き初めに足の裏がピリッと痛む
  • 土踏まずが痛い
  • 足の裏がつっぱている感じがする
  • 朝起きて立ち上がった際に痛みが出る
  • 激痛は出るがしばらくすると痛くなくなる

足底筋膜炎とは?
足底筋膜炎(そくていきんまくえん)とは、足の裏にある、踵(かかと)と足の指の付け根までを伸びている組織(足底筋膜)が炎症をおこし、痛みなどの症状が出る病気です。足底筋膜炎もしくは足底腱膜炎と呼ばれています。足底筋膜炎は、足底筋膜と骨の付着部で炎症が起き、足底筋膜が「固くなる」ことでうまく伸び縮みできずに足底筋膜がくっついている踵や親指の下あたりの筋肉などを無理に引っ張ることで筋肉に微細断裂がおき、周辺に痛みがでる病気です。

足底筋膜炎の原因

体の歪みなどバランスが崩れることで、足底筋膜炎に過度な負荷がかかること、長時間座ることが多い人、ヒール履く人、足のアーチが低い人(偏平足)、またはふくらはぎの筋肉や、アキレス腱(ふくらはぎの筋肉をかかとの骨に付着させる腱)が硬い人にみられます。普段座っていることの多い人は、急に動くことが増えた時や、サンダルなど支えの少ない靴を履いたりしたときに発症しやすく、足底筋膜炎は、ランナーやダンサーでも多くみられ、そうした人では腱膜への負荷が大きいためにおこります(オーバーユース)。この症状は硬い地面や床の上で長時間立っていたり、歩いたりする職業の人に多くみられます。これ以外にも、足首の関節が硬い方や加齢や運動不足の方にも起こりやすくなっています。

足底筋膜炎の一般的な治療

保存療法、安静を心がけ、症状が落ち着くまでは、長時間立っていることやその他の発症のきっかけとなったスポーツは一時お休みすることが望ましいです。薬物療法では炎症がある場合は炎症を抑える薬や湿布をすることで炎症を抑え症状が改善します。ただし、飲み薬は長期間使用すると胃があれるなどの副作用が出る場合があるので、注意が必要です。

当院の施術

佐賀市のゆめか整骨院・整体院では、根本改善治療を通して再発しない体作りを行います。
痛みがあり、熱感や腫れなどの炎症症状が強く出ている場合はハイボルトという電気治療器を使用することで炎症を沈めて痛みを瞬時に取り除きます。

当院ではまず姿勢の分析を行い、骨盤のゆがみや背骨の歪み歩き方などをみて、どの場所が痛みの原因になっているかを検査させていただき、必要に応じて身体の骨格のバランスを整えるために背骨・骨盤矯正を行います。 痛みと身体の骨格にフォーカスした治療で、安静時よりも早期に痛みを取り除く事が可能になるのと、足底筋膜炎を引き起こしにくい体へと変えていく事が可能になります。痛みを取り除きながら、正しい骨格の状態に戻してあげる事で、再発しない体作りを行って行きます。
佐賀市で足底筋膜炎でお悩みの方は、ゆめか整骨院・整体院にお気軽にお問い合わせください。

ゆめか整骨院へのアクセス|佐賀市 ゆめか整骨院

【受付時間 AM.9:00~PM.1:00 , PM.3:00~PM.9:00】【定休日:日曜日】

定休日:日曜日

佐賀県佐賀市南佐賀2-7-22(駐車場完備)

0952977909

フリーダイヤル

TOPへもどる