腸脛靭帯炎

  • ランニング中、ランニング後に痛みが出る
  • 階段の昇り降りで痛む
  • 正座ができない
  • じっとしていても痛む

腸脛靭帯炎とは?
佐賀市 ゆめか整骨院・整体院には腸脛靭帯炎でお悩みの方が来院されています。
腸脛靭帯炎とは、膝の外側に付着している腸脛靭帯と呼ばれる部分に痛みが出る症状です。
腸脛靭帯炎は、膝関節と靭帯とのバランスの問題が大きいため、一度良くなっても再発率の高い疾患です。放っておくと、歩くのもつらくなる場合もあるので早い治療が大切です。
初期は膝の外側部が緊張するようなきしむような違和感や痛みを感じる程度で、安静にしていれば楽になります。しかし、悪化すると、膝の屈伸が困難になったり歩行時に膝をかばうような歩き方になってしまうので、膝以外のところまで痛みが出てきます。

腸脛靭帯炎の原因

発症の原因として多いのは、過剰なランニングやダッシュ、柔軟性がない方、筋力の強さに偏りがある方で、膝の外側にある腸脛靭帯と呼ばれる筋肉に繰り返しの摩擦が生じて痛みが出てしまいます。
他に痛みが出やすい方の特徴として、O脚や内反足(足首を内側にねじっている状態)の方で、そのような方は脚の着地時に小指側に体重が乗りやすくなってしまうため、脚の外側全体に衝撃や緊張が直接的に伝わりやすくなり痛みの原因になります。

腸脛靭帯炎の一般的な治療

局所の安静、つまり、ランニングやダッシュなど過負荷となっている運動の休止が重要です。次に、大腿筋膜張筋など股関節外側部を主としたストレッチ、アイシングが行われます。さらに鎮痛剤の投与や、超音波などの物理療法を行われることが一般的です。
一時的な使い過ぎであることが分かっている場合は、局所の安静をとることで解消することがほとんどです、それでも痛みが改善しない場合はほかに原因があるので、その対処が必要になります。

佐賀市ゆめか整骨院・整体院

佐賀市 ゆめか整骨院・整体院では、まず痛めている場所を正確に把握し、しっかりと問診や視診、触診を総合的に行い、状態や治療計画を分かりやすくお伝えします。
施術では、痛みが強いところにハイボルテージ(深層筋肉調整)を使って、炎症、痛みを緩和していきます。また、膝周りは太ももの筋肉やふくらはぎの筋肉など多くの筋肉が関与をしているので、ラジオ波(深層筋肉調整)を使って指圧で届かない深い筋肉も緩めていきます。トリガーポイント整体でトリガーポイント(痛みを発している特定個所)をピンポイントで緩めていき、痛みを繰り返さないよう、姿勢も治していく必要があるので骨盤矯正を行います。
骨格矯正で骨盤の前傾が少なくなると膝関節の負担が軽くなるので痛みを繰り返さない体作りが出来ます。必要に応じて正しい運動の方法なども指導させていただきます。

腸脛靭帯炎でお悩みの方は、佐賀市 ゆめか整骨院・整体院にお気軽にご相談ください。

ゆめか整骨院へのアクセス|佐賀市 ゆめか整骨院

【受付時間 AM.9:00~PM.1:00 , PM.3:00~PM.9:00】【定休日:日曜日】

定休日:日曜日

佐賀県佐賀市南佐賀2-7-22(駐車場完備)

0952977909

フリーダイヤル

TOPへもどる