腱鞘炎

  • 親指を曲げるとズキンとする
  • 毎日仕事で手首から腕にかけて痛む
  • 物をつかんだりすると痛む
  • 湿布をしても全然痛みがとれない
  • 手首が腫れたり、動かすと痛みを感じる

初回体験価格バナー

腱鞘炎とは?
腱鞘とは、骨と筋肉をつないでいる腱を包み、腱が滑らかに動くよう支える滑車のような働きをする組織です。腱鞘炎とは、この腱鞘と腱がこすれ合って炎症を起こす病気で腱鞘炎で最も多いのは「ドケルバン病」(狭窄性腱鞘炎)と「ばね指」(弾発指)の2つです。
主に親指の使い過ぎで起こるドケルバン病は、親指を伸ばしたり広げたりする働きをする腱が、それらを包んでいる腱鞘との間に炎症を起こして発症する腱鞘炎です。手の甲に腫れや痛みが起こり、また親指を曲げたり広げたりすると、手首が痛みます。
ばね指は、指の曲げ伸ばしの際にばねのような引っ掛かりが生じる「ばね現象」と呼ばれる症状です。指の曲げ伸ばしをするための腱と、腱の浮き上がりを押さえるトンネル状の「靭帯性腱鞘」の間で炎症が起こって発症する腱鞘炎の症状で、手のひら側の親指や人差し指、中指の付け根などが痛むことがあります。

腱鞘炎の原因

腱鞘炎の原因
腱鞘炎は指の使い過ぎで起こることから、パソコンのキーボードやマウスなどで反復的な操作をしたり、スマホを長時間操作する人、ピアノなど指を多く使う楽器を演奏する人、グリップやボールなどを握るようなスポーツをする人などに多くみられます。
また、妊娠・出産期や更年期のホルモン変化も関係するので女性が特に多く、女性ホルモンの分泌に関連すると考えられています。家事による手の酷使なども一因です。指が伸びにくく、無理に伸ばすとばねのような現象が起きるばね指も、慢性的に指を酷使してきた中高年に多いです。腱鞘炎の主な原因をまとめると「手首・指の使い過ぎ」となります。

腱鞘炎の一般的な治療

腱鞘炎の一般的な治療
湿布などの外用鎮痛消炎薬を使ったり、ギプスで固定したりして、原因となった使い過ぎを防ぎ安静を保つ保存療法が中心です。炎症を抑えるステロイド注射を行うこともあります。改善しないときや再発を繰り返す場合は、腱鞘の鞘を開く手術(腱鞘切開)を行います。

当院の施術

佐賀市のゆめか整骨院・整体院では、根本改善治療を通して再発しない体作りを行います。まず、痛みを取り除いてあげる事が大切になりますので、プロのスポーツ選手も使用しているハイボルテージ治療器で急性的な痛みに対して瞬時に痛みをブロックしていきます。この機器を使用し、痛みそのものを緩和させていきます。一般的な整骨院と異なり電気治療に加えラジオスティム(温熱)、ハイボルテージを併用する事で、効果的な施術を行っております。
また、姿勢が悪いままでパソコンやスマホを長時間操作したり、無理な体勢で運動や演奏、家事などを続けたりする習慣のある方が腱鞘炎となっているケースも少なくありません。当院では必要に応じて身体の骨格のバランスを整えるために、背骨・骨盤矯正を行います。 痛みと身体の骨格にフォーカスした治療で、安静時よりも早期に痛みを取り除く事が可能になるのと、腱鞘炎を引き起こしにくい体へと変えていく事が可能になります。痛みを取り除きながら、正しい骨格の状態に戻してあげる事で、再発しない体作りを行って行きます。
佐賀市で腱鞘炎でお悩みの方は、ゆめか整骨院・整体院にお気軽にお問い合わせください。

ゆめか整骨院へのアクセス|佐賀市 ゆめか整骨院

【受付時間 AM.9:00~PM.1:00 , PM.3:00~PM.9:00】【定休日:日曜日】

定休日:日曜日

佐賀県佐賀市南佐賀2-7-22(駐車場完備)

0952977909

フリーダイヤル

TOPへもどる