胸郭出口症候群

  • いつも肩や腕にだるさを感じる。
  • 腕や手に冷たさを感じる。
  • PCやデスクワークで肩が重くなる。
  • 買い物袋など重い荷物を持つと腕や肩が辛くなる。
  • 買い物袋など重い荷物を持つと腕や肩が辛くなる。

胸郭出口症候群とは?

佐賀市 ゆめか整骨院。整体院には胸郭出口症候群でお悩みの方が来院されています。

胸郭出口症候群とは、第一肋骨と鎖骨の間にある部分になんらかの異常がおきて、首や肩、腕や指などが痛んだりしびれたりする病気です。

第一肋骨は鎖骨の奥から少し上にあり、この肋骨と鎖骨の間のすきまを胸郭出口とよびます。自然に治おることもありますが、日常生活に支障があれば治療が必要です。

なで肩などの体型や、重いものを運ぶことの多い職業についている人におこりやすい傾向があります。

胸郭出口症候群の原因

上肢やその付け根の肩甲帯の運動や感覚を支配する腕神経叢(通常脊髄から出て来る第5頚神経から第8頚神経と第1胸神経から形成される)と鎖骨下動脈は、

前斜角筋と中斜角筋の間
鎖骨と第1肋骨の間の肋鎖間隙
小胸筋の肩甲骨烏口突起停止部の後方
を走行しますが、それぞれの部位で絞めつけられたり、圧迫されたりする可能性があります。その絞扼(こうやく)部位によって、斜角筋症候群、肋鎖症候群、小胸筋症候群(過外転症候群)と呼ばれますが、総称して胸郭出口症候群と言います。胸郭出口症候群は神経障害と血流障害に基づく上肢痛、上肢のしびれ、頚肩腕痛(けいけんわんつう)を生じる疾患の一つです。頚肋(けいろく)は原因の一つです

胸郭出口症候群の一般的な治療

胸郭出口症候群の症状がみられる人の大半では、理学療法と運動によって改善が得られます、。非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)と抗うつ薬を低用量で投与することも有用となる場合があります。

解剖学的異常や鎖骨下動脈の閉塞が確認された場合、または症状が進行し続ける場合は、手術が必要になることがあります。しかし、確定診断が困難なことと、手術をしても症状が消えないことが多いことから、ほとんどの医師はなるべく手術を行わないようにします。

当院の施術

佐賀市 ゆめか整骨院・整体院では、まず痛めている場所を正確に把握し、しっかりと問診や視診、触診を総合的に行い、状態や治療計画を分かりやすくお伝えします。

施術では、トリガーポイント整体でトリガーポイント(痛みを発している特定個所)をピンポイントで緩めていき、更に早期回復出来るよう、ラジオ波で奥の深い筋肉(深層筋肉)も施術していきます。神経症状が強い方にはハイボルテージを使い神経の興奮を抑え、神経痛から改善へ導きます。

痛みの原因である姿勢の悪さも骨格矯正を行い痛みを繰り返さない体作りします。必要に応じて正しい運動の方法なども指導させていただきます。

 

胸郭出口症候群でお悩みの方は、佐賀市 ゆめか整骨院・整体院にお気軽にご相談ください。

ゆめか整骨院へのアクセス|佐賀市 ゆめか整骨院

【受付時間 AM.9:00~PM.1:00 , PM.3:00~PM.9:00】【定休日:日曜日】

定休日:日曜日

佐賀県佐賀市南佐賀2-7-22(駐車場完備)

0952977909

フリーダイヤル

TOPへもどる