変形性膝関節症

  • 膝が痛くて​歩くのがしんどい
  • 座ってから立ち上がるのに時間がかかってしまう
  • 階段の上り下りで膝が痛い
  • 膝が痛くて長時間歩けない
  • 安静にしていても痛みがあること

変形性膝関節症とは
佐賀市 ゆめか整骨院・整体院には変形性膝関節症でお悩みの方が来院されています。

膝の関節の軟骨が摩擦などですり減ったために、膝に強い痛みが出る慢性的な病気。最初は歩き始めに痛みが出ても、休息すれば痛みが治まる程度だが、基本的に年齢を重ねるごとに病状が進み、ひどくなると安静にしていても痛みが取れず、歩くことも難しくなる。また、布団の上げ下ろしや正座・あぐらによって膝に負担をかけやすい日本の生活習慣と、軟骨がもろく傷みやすいといった遺伝的因子も関係しているといわれている。

変形性膝関節症の原因

ほかの病気やけがが原因のものもあるが、最も大きな原因は加齢で、年齢を重ねるとともに少しずつ関節の軟骨がすり減ったり削れたりすることで表面が荒れて、慢性的な炎症や変形が起こる。また、膝の関節には常に体重の4~6倍の負荷がかかっているため、肥満も大きな原因になる。ほかにも、膝の内側に極端に負荷がかかるO脚や、閉経後のホルモンバランスの変化によって骨がもろくなることにも関係があるとされる。
布団の上げ下ろしや畳に正座・あぐらをかく日本の生活習慣は、膝を大きく曲げる動作が日常の中でも多いため、世界の国々の中でも日本人は特に変形性膝関節症になりやすいというデータもある。そのため、O脚で肥満ぎみの高齢者の日本人女性は特に注意が必要。

変形性膝関節症の一般的な治療

一般的な治療は、膝の軟骨の退行を防ぐことで可能な限り進行を食い止めることが第一とされる。関節が変形し始めた初期の段階では、痛いからといって体を動かさないでいると筋肉が落ちてさらに病気が進行するため、適切な靴を履いた上で平らな場所でウォーキングをする、入浴などをしてひざを十分温めた後にひざを伸ばす、といった運動療法と温熱療法が行われる。肥満はひざの痛みを進行させる大きな要因になるため、太り過ぎの場合は体重の5%を目安に減量の指導などが行われることも。痛みが強ければ、痛み止めの内服薬や関節注射などを使う場合もある。

当院の施術

佐賀市 ゆめか整骨院・整体院では、まず痛めている場所を正確に把握し、しっかりと問診や視診、触診を総合的に行い、状態や治療計画を分かりやすくお伝えします。
施術では、痛みが強いところにハイボルテージ(深層筋肉調整)を使って、炎症、痛みを緩和していきます。トリガーポイント整体でトリガーポイント(痛みを発している特定個所)をピンポイントで緩めていき、痛みを繰り返さないよう、姿勢も治していく必要があるので骨盤矯正を行います。
骨格矯正で骨盤の前傾が少なくなると膝の負担が軽くなるので痛みを繰り返さない体作りが出来ます。必要に応じて正しい運動の方法なども指導させていただきます。

変形性膝関節でお悩みの方は、佐賀市 ゆめか整骨院・整体院にお気軽にご相談ください。

ゆめか整骨院へのアクセス|佐賀市 ゆめか整骨院

【受付時間 AM.9:00~PM.1:00 , PM.3:00~PM.9:00】【定休日:日曜日】

定休日:日曜日

佐賀県佐賀市南佐賀2-7-22(駐車場完備)

0952977909

フリーダイヤル

TOPへもどる