変形性股関節症

  • 歩行時に痛みがある
  • 階段の昇り降りが辛い
  • 足を引きずって歩いている
  • 股関節が痛くて生活や趣味に支障が出ている
  • 股関節が左右同じように開かない

変形性股関節症とは?
佐賀市 ゆめか整骨院・整体院には変形性股関節症でお悩みの方が来院されています。

何らかの原因で徐々に軟骨がすり減ってくると、関節が滑らかに動くことができなくなり、痛みを生じるようになります。これが、変形性股関節症のはじまりです。そして、軟骨のすり減りが進んでくると関節の骨がゴツゴツと変形し、さらに強い痛みを伴うようになってきます。
日本人における変形性股関節症の原因の多くが、先天性股関節脱臼や亜脱臼、臼蓋形成不全といった生まれつきの異常だといわれています。つまり、もともとの臼蓋のくぼみが浅かったりして、大腿骨頭がくぼみにしっかり収まっていないために、関節の縁(ふち)に過度の負担がかかり、軟骨がすぐにすり減ってしまうのです。
頻度は女性に多く、発症して初めて病院を受診する人の多くが30~50歳代です。その他の原因としては、大腿骨頭壊死、脱臼や骨折といった外傷後、化膿性股関節炎後、代謝異常(痛風、偽痛風)などがあります。

変形性股関節症の原因

股関節は、大腿骨の骨頭という先端が丸くなっている骨が、骨盤側のくぼんでいる臼蓋というところにフィットしており、その構造によって足を前後左右斜めに動かせるようになっている。歩くことで股関節には負荷がかかるが、正常な状態ではクッションの役割を果たす軟骨が衝撃をやわらげているため、大きな問題は起こらない。しかし、加齢などによって軟骨が摩耗すると、少しずつ骨が変形して炎症が起きてしまう。一般的に体重が重いほど股関節の負荷が大きいため、軟骨が減りやすくなる。また、臼蓋が小さ過ぎるといった臼蓋形成不全に気づかないまま長年過ごし、中高年になって痛みが出る場合もある。臼蓋形成不全は、乳児の頃に足を伸ばしてあてるタイプの布おむつによって股関節の角度が浅くなってしまったことに関係があるといわれているため、紙おむつが主流になった近年では形成不全は減少している。

変形性股関節症の一般的な治療

早期の場合には、手術を行わない保存療法が有効。痛み止めを服用しながら、股関節の負担をできる限り減らすのが重要だ。負荷がかかりにくい水中でのウォーキングなどの筋力トレーニングや、肥満気味であるなら食事を改善することによって体重コントロールを医師の指導のもと行うことで、かなりの改善が見られることも。杖を使うことで歩くのが楽になり進行を遅くできる。これらの保存療法で改善がみられない場合、年齢や生活スタイルなどをふまえて手術が検討される。。変形が進んでいる場合は、もともとの股関節を金属やセラミック、ポリエチレンなどの人工股関節に置き換える「人工股関節全置換術」を行うことで痛みがほぼ取れ、左右の足の長さのずれも少なくなるため、歩きやすく快適な生活が送れるようになる。

当院の施術

佐賀市 ゆめか整骨院・整体院では、まず痛めている場所を正確に把握し、しっかりと問診や視診、触診を総合的に行い、状態や治療計画を分かりやすくお伝えします。
施術では、痛みが強いところにハイボルテージ(深層筋肉調整)を使って、炎症、痛みを緩和していきます。また、股関節周りは強力な筋肉も多いため、ラジオ波(深層筋肉調整)を使って指圧で届かない深い筋肉も緩めていきます。トリガーポイント整体でトリガーポイント(痛みを発している特定個所)をピンポイントで緩めていき、痛みを繰り返さないよう、姿勢も治していく必要があるので骨盤矯正を行います。
骨格矯正で骨盤の前傾が少なくなると股関節の負担が軽くなるので痛みを繰り返さない体作りが出来ます。必要に応じて正しい運動の方法なども指導させていただきます。

変形性股関節でお悩みの方は、佐賀市 ゆめか整骨院・整体院にお気軽にご相談ください。

ゆめか整骨院へのアクセス|佐賀市 ゆめか整骨院

【受付時間 AM.9:00~PM.1:00 , PM.3:00~PM.9:00】【定休日:日曜日】

定休日:日曜日

佐賀県佐賀市南佐賀2-7-22(駐車場完備)

0952977909

フリーダイヤル

TOPへもどる