ぎっくり腰

  • 立ち上がるのも辛い
  • ピリッと走る痛み
  • じんじんする痛み
  • 体を動かすだけで痛みが走る
  • 筋肉がつっぱる感覚

ぎっくり腰とは?
ぎっくり腰は、医学的には「急性腰痛症」または「腰椎捻挫症といい、急に発症した腰痛全般を指します。ぎっくり腰を起こしやすいのは、「前かがみの姿勢」や「急に姿勢を変えたとき」。床に落ちた物を拾おうと腰を曲げ伸ばしをした、人に呼ばれて後ろを振り返ったなど、日常のわずかな動作がきっかけで起こります。

ぎっくり腰の原因

一般にぎっくり腰は、重いものを持ち上げたときに起こりやすいといわれます。ところが実際には、咳やくしゃみをしたとき、ベッドや布団からからだを起こそうとしたとき、顔を洗うとき、いすに腰かけて横や後ろのものを取ろうとしたとき、ゴルフや野球の素振りを軽くしたときなど、さまざまなケースがあります。日常の何げない動作をしたときに、だれにでも起こりうるものなのです。
また日頃から運動不足である方が、いきなり体を動かして慣れないポーズをとることも危険性が高まります。腰に痛みが出る人の特徴として、筋肉・骨格のバランスが崩れ、骨盤の位置、背骨の形に歪みが生じている事がほとんどです。 日々の生活癖や、長時間同じ姿勢でいる事が多いと筋肉が変に引っ張られ緊張します。
筋肉の一部が緊張すると、全体的な筋肉のバランスが崩れ、筋肉と繋がっている骨格に影響を与えます。 それが長い期間続くと体の歪みが固定化し、神経にまで影響を与え腰痛にも発展します。年齢が若い間は、腹筋や背筋を中心に骨格の歪みを補強する力がありますが、年齢を重ねると共に筋力は弱まり、骨格の歪みを補強できなくなってくると痛みを発症しやすくなります。

ぎっくり腰の一般的な治療

ぎっくり腰を起こすと、当初は動くことも立ち上がることもできないのが普通です。その場合には横向きに寝て、腰を丸めた姿勢をとると少し楽になります。 病院でブロック注射をしてもらい痛みをやわらげる方法もありますが、無理にからだを動かすとかえって症状を悪化させかねません。自宅で安静にしている間は、湿布薬などで、痛みをやわらげる程度にしましょう。冷湿布か温湿布か迷うところですが、靭帯や筋肉の断裂により出血や炎症を起こしているケースでは、一般的には消炎作用のある冷湿布のほうが適しています。
お風呂などで温めるのは逆効果になりがちなので最初のうちはあまり温めないようにします。
痛みが少し落ち着いたら、冷湿布でも温湿布でも本人が心地よいと感じるほうにします。

当院の施術

一般的な治療院ではぎっくり腰の痛みに耐えられない場合、対処療法として電気治療や鎮痛薬を用います。筋弛緩薬に加えて炎症を抑えるアイシングや湿布を併用します。とにかく安静にして治癒していくのを待ちます。
佐賀市のゆめか整骨院・整体院では、根本改善治療を通して再発しない体作りを行います。まず、痛みを取り除いてあげる事が大切になりますので、アイシングとプロのスポーツ選手も使用しているハイボルテージ治療器で急性的な痛みに対して瞬時に痛みをブロックしていきます。この機器を使用し、痛みそのものを緩和させていきます。

その後は、身体の骨格のバランスを整えるために背骨・骨盤矯正を行います。痛みと身体の骨格にフォーカスした治療で安静時よりも早期に痛みを取り除く事が可能になるのと、ぎっくり腰を引き起こしにくい体へと変えていく事が可能になります。痛みを取り除きながら正しい骨格の状態に戻してあげる事で再発しない体作りを行って行きます。
当院では、電気治療に加えラジオスティム、ハイボルテージを併用する事で、効果的な施術を行っております。
佐賀市でぎっくり腰でお悩みの方は、ゆめか整骨院・整体院にお気軽にお問い合わせください。

ゆめか整骨院へのアクセス|佐賀市 ゆめか整骨院

【受付時間 AM.9:00~PM.1:00 , PM.3:00~PM.9:00】【定休日:日曜日】

定休日:日曜日

佐賀県佐賀市南佐賀2-7-22(駐車場完備)

0952977909

フリーダイヤル

TOPへもどる