梨状筋症候群

  • 座っているだけでお尻が痛い
  • 同じ姿勢が辛い
  • お尻から足にかけて痛み・痺れがある
  • 湿布をしても全然痛みがとれない
  • トイレや車の座席に座ったとき痛みが強くなる

梨状筋症候群とは?
お尻に付着している梨状筋(りじょうきん)という筋肉が硬くなり、梨状筋の下にある坐骨神経を圧迫し、痛みやし痺れが出ることです。お尻の外側から太ももにかけて痛みが出たり、座っているときに出ることが多いです。

梨状筋症候群の原因

梨状筋は複雑な股関節の動き(回旋運動)に関与している筋肉であり、ゴルフや野球など体を捻る動作が多いスポーツや、中腰での草むしりなどの肉体労働、長時間のデスクワークや長距離の運転などによるオーバーユース(使い過ぎ)によって、筋肉の柔軟性がなくなることで坐骨神経を圧迫します。
また、股関節の異常や人工関節の使用に伴う障害でも、梨状筋症候群を引き起こすことがあります。

梨状筋症候群の一般的な治療

保存治療:鎮痛剤やブロック治療(皮膚の上から梨状筋に直接局所麻酔剤を注射する治療法)などがあります。最近では、神経障害性疼痛治療薬(神経の痛みの治療に使われる薬剤。痛みを伝える神経伝達物質の過剰放出を抑える)が使用されることが多くなっています。下肢のストレッチも効果的です。
手術治療:梨状筋による神経の締め付けが原因であれば、梨状筋の切離術を行います。梨状筋切離術とは、梨状筋の停止部で筋肉を切り離し、坐骨神経に影響を及ぼさない範囲まで切除するやり方が一般的です。

当院の施術

佐賀市 ゆめか整骨院・整体院では、まず痛めている場所を正確に把握し、しっかりと問診や視診、触診を総合的に行い、状態や治療計画を分かりやすくお伝えします。
施術では、痛みが強いところにハイボルテージ(深層筋肉調整)を使って、炎症、痛みを緩和していきます。また、梨状筋周りの臀部の筋肉は多くの筋肉が入り組んでいるため、ラジオ波(深層筋肉調整)を使って指圧で届かない深い筋肉も緩めていきます。トリガーポイント整体でトリガーポイント(痛みを発している特定個所)をピンポイントで緩めていき、痛みを繰り返さないよう、姿勢も治していく必要があるので骨盤矯正を行います。
骨格矯正で骨盤のゆがみ、前傾や左右の傾きが少なくなると梨状筋の負担が軽くなるので痛みを繰り返さない体作りが出来ます。必要に応じて正しい運動の方法なども指導させていただきます。佐賀市で梨状筋症候群でお悩みの方は、ゆめか整骨院・整体院にお気軽にお問い合わせください。

ゆめか整骨院へのアクセス|佐賀市 ゆめか整骨院

【受付時間 AM.9:00~PM.1:00 , PM.3:00~PM.9:00】【定休日:日曜日】

定休日:日曜日

佐賀県佐賀市南佐賀2-7-22(駐車場完備)

0952977909

フリーダイヤル

TOPへもどる